ホーム 活動紹介
>>活動紹介
第1回活動成果発表会
講演リスト
公開技術情報
アンケート調査
活動紹介
第1回活動成果発表会(2015年6月17日)
 
 
 2015年6月17日、社会インフラ・モニタリングシステム研究会発足3年の記念イベント

 「第1回活動成果発表会」を中央大学駿河台記念館で開催しました。

 当日は招待者、一般参加者、会員企業より約150名が参加し、大盛況の発表会となりました。

 成果発表会は小林代表の活動総括講演につづき、各専門部会活動報告が各部会リーダより行われました。

 基調講演として国総研・道路構造物管理システム研究官木村嘉富氏に講演いただきました。

 発表会と併設開催の各社の製品展示も11社が出品し高い関心を呼びました。

 意見交換会にも50名が参加、異業種・異技術を特徴とする研究会らしく、最後までホットな議論が続きまた。


成果発表会スナップ

  

                              小林代表 挨拶

  

                              各部会 活動報告

  
                           木村 嘉富 氏 基調講演

  

                               会員会社製品展示会

  

                                意見交換会

当日配付資料と目次



    ページトップへ

次世代センサ協議会が開催した社会インフラモニタリングに関連したシンポジュームで、行われた過去の講演のリストを掲載しております。
● 次世代センサ協議会シンポジウム講演リスト
開催年度欄に、シンポジューム、研究会の主催者を、下記の略号で記載してあります。
総合:センサ総合シンポジウム
研究会;次世代センサ協議会・研究会
土木合同;次世代センサ協議会・土木学会合同シンポジウム
社会;社会インフラ・モニタリングシステム研究会(会員対象)
開催年度 社会インフラモニタリング 講演題目 講演者
15.5 社会 MEMS AEセンサによる橋梁モニタリング 鞄月ナ 西村修 主任研究員
15.4 北陸研究会 コンクリート橋の劣化とトールマネージメントシステムの開発 金沢大学 鳥居和之教授
橋梁の材料・構造性能評価とモニタリング技術の開発 金沢大学 深田宰史准教授
塩害対策としての電気防触工法と鋼材腐食の電気化学的モニタリング 潟sーエス三菱 青山敏幸氏
橋梁モニタリング用磁歪振動発電システム 金沢大学 上野敏幸准教授
劣化損傷橋梁の損傷部位別モニタリング 葛、和電業 立野恵一主幹
15.4 社会 3次元データ活用に関する製品紹介 潟jコン・トリンプル 大橋徹也氏
15.2 社会 画像情報を利用した点検の高度化 東京都市大 小西拓洋教授
15.1 社会 地すべり、斜面モニタリング 潟pスコ 下村博之 副部長
15.1 社会 斜面防災モニタリング 潟Iサシ・テクノス 古島広明 部長
14.12 社会 ダムの維持管理概論 葛、和電業 立野恵一 主幹
14.12 社会 点検業務勉強会 八千代エンジニヤリング梶@野田一夫課長
14.11 社会 道路橋・維持管理の合理化・高度化とモニタリングの活用 (国総所) 玉越隆史 室長
14.9 社会 社会インフラのモニタリング技術と維持管理支援について NTTデータ梶@石川裕二 課長
橋梁モニタリング分野における無線センサ通信規格の標準化の取り組み NTTデータ梶@近藤孟氏
14.9 センサ総合シンポジウム 橋梁道路の現場点検業務から見たセンサ技術、モニタリング技術の動向と期待 土木研究所 石田雅博上席研究員
赤外線計測による鋼橋梁の疲労き裂検出と健全性評価手法 神戸大学 阪上隆教授
北陸地域におけるコンクリート橋梁劣化の特徴とモニタリング技術 金沢大学 鳥居和之教授
14.6 社会 産業競争力委員会・インフラ長寿命化プロジェクト 日本電気梶@津田健一郎部長
2014.5 社会 鋼構造部材の損傷劣化のメカニズムとその評価方法 潟Rベルコ科研 横幕俊典顧問
2014.4 社会 自動車用センサの信頼性設計 千葉工業大学 室英夫教授
2014.2 社会 橋梁の振動測定と診断法 名古屋大学 島田静雄名誉教授
   2014.2    北陸研究会 社会インフラ・モニタリングシステムの実用化・ニーズを考える (一社)次世代センサ協議会小林彬副会長
能登有料道路のコンクリート構造物劣化対策とモニタリング技術 轄蒼y開発センター 笹谷輝雄 部門長
打音法による高架橋の損傷検査技術 金沢工大 木村定雄教授、佐藤工業梶E北川真也氏
社会インフラに対する非破壊検査方法 潟Aイペック 松谷治 課長
光ファイバセンサと構造物の維持管理方法について 長野計器梶@土屋宗典 次長
2014.1 社会 橋梁メンテナンスの知恵とモニタリングへの期待 潟rーエムシー  阿部允社長
2013.12 研究会 土木研究所における臨床研究の概要+施設見学会 土木研究所 木村嘉富上席研究員
2013.9 総合 橋梁点検とモニタリング (一財)首都高速技術センター 小西拓洋室長
CIMと維持管理におけるモニタリングの必要性 八千代エンジニヤリング 吉野博之課長
橋梁モニタリングにおけるデータマネージメントの必要性 横浜国大 西尾真由子准教授
2013.9 社会 グリーンセンサシステムの現状と社会インフラへの期待 NMEMS技術研究機構 武田宗久室長
道路点検におけるモニタリング技術の現状と課題 簡クスコ東日本エンジニアリング 藤原博研究主幹゙
2013.6 社会 社会インフラ・モニタリングシステムの実用化に向けて 社会インフラ研究会 小林彬代表
トンネルの維持管理と計測技術への期待 土木研究所 砂子伸治上席研究員
2013.6 研究会 インフラ計測の現状と今後・・・施工管理計測から維持管理計測へ 葛、和電業 立野恵一副主幹
維持管理における、画像分析技術による点検支援 轄\造計画 佐藤壮部長
コンクリート構造物の劣化メカニズムと開発が望まれる計測技術 長岡技科大 丸山久一教授
動的分布歪情報を用いた橋梁構造の健全度評価システム 轄\造計画 為廣尚紀部長
2014.6 社会 産業競争力委員会・インフラ長寿化プロジェクト 日本電気梶@津田健一郎研究部長
2012 社会 社会インフラモニタリングの考え方について 社会インフラ研究会小林彬代表
道路橋の維持管理・・・モニタリングの視点より 土木研究所 木村嘉富上席研究員
橋梁の維持管理とセンサーへの期待 東京都道路整備公社 高木千太郎室長
JR東日本におけるモニタリングシステム事例とセンサーへの期待 JR東日本 鈴木修主幹研究員
2012 土木総合 橋梁維持管理の状況と異業種技術応用の必要性 土木研究所 木村嘉富上席研究員
モニタリングに基づく橋梁の状態診断に向けて 東京工業大学 佐々木栄一准教授
最新設備診断技術の応用事例 三重大学 陣山鵬教授
プラント維持管理の実用事例 旭化成 佐藤信義生産技術本部長付
2012 総合 MEMSセンサを用いた構造物ヘルスモニタリングの提案 富士電機 矢尾博信部長
光ファイバセンサと構造物の維持管理方法について 長野計器 土屋宗典次長
ヘルスモニタリングのためのスマートセンサ用リアルタイムデータ処理法の提案 共和電業 坂田光児殿
2011 土木合同 橋の維持管理におけるモニタリングの役割 東工大 三木千寿教授
橋梁モニタリングシステムBRIMOS NTTデータ 石川裕治殿
光ファイバセンサ技術の高度化による橋梁ヘルスモニタリング 茨城大学 呉智深教授
無線センサネットワークを利用した橋梁振動モニタリング 東京大学 長山智則講師
非破壊検査規格と手法について アイペック 松谷治殿
2011 総合 インフラ設備管理と地震計 (国総研) 長屋和宏主任研究官
メーカーから見た地震計の変遷と今後の課題 東京測振 横井勇社長
社会インフラの安全維持のための地震観測データの活用 弘前大学 有賀義明
2010 総合 社会インフラにおける光ファイバセンサの応用 東京大学 村山英晶准教授
荒廃する日本 にしないための技術開発 土木研究所 木村嘉富上席研究員
構造物のメンテナンスに向けての非破壊検査技術の概要 (産総研) 秋宗淑雄部門長
2009 総合 ユピキタス道路メンテナンス情報システム NEXCO東日本エンジ 藤原博部長
光学系センシング技術を用いた社会基盤設備の計測監視 飛島建設 熊谷幸樹部長
高精度3次元画像計測の構造物健全度評価への応用 東京電機大学 新津靖教授
2008(2) 総合 社会インフラ整備と計測(検束のフロンテイアを求めて) 東工大 小林彬名誉教授
鉄道防災センサの概要 JR東日本 鈴木修 副課長
清算プラントにおける最新予知保全技術の紹介 プラントメンテナンス協会 豊田主査
土木計測の現状と今後 共和電業  立野恵一副主幹
2008(1) 総合 都市空間の安全安心問題とセンシング 東京大学 藤野陽三教授
光ファイバセンシング技術を活用した各種モニタリング NTTインフラネット 藤橋一彦部長
コンクリート構造物の構造ヘルスモニタリング ジャスト 柳瀬高仁部長


  ページトップへ

公開技術情 

 プレビュー版をご覧いただけます。ご興味がある資料につきましてはメイルにて登録いただければ折り返しパスワードをお送りします。ダウンロード欄からアクセスいただければ資料の閲覧が可能になります。
ダウンロードした資料の著作権は社会インフラ・モニタリングシステム研究会に属します。資料のコピー、再配布を禁止します。


注1)ダウンロードファイルにアクセスするにはパスワードが必要です。ダウンロード欄のPDF-DLをクリックしてパスワードの記入BOXへお送りしたパスワードを入力してください。

注2)閲覧登録メールのDOCメールをクリックしたとき、登録用送信メールの文面が開かない場合には、ご面倒でもメールアドレス doc_member_aa@socialinfra.org 宛てに氏名とメールアドレスを記載して送信してください。

注3)閲覧登録メールを依頼して2週間以上経ってもパスワードの連絡が行かない場合は、ご面倒でも事務局にメールで連絡を
   お願いします。 事務局へメール

--------------------------------------------------------------------------------------------------------
個人情報の取扱いについて
・ご記入いただいた個人情報は、「社会インフラ・モニタリングシステム研究会プライバシーポリシー」に基づき
 適正に取り扱うことをお約束します.
・いただいたデーターは社会インフラ・モニタリングシステム研究会今後の活動のため記録を残すことがあります。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------

No   ドキュメント 名称  発行日   ドキュメント
区分
 プレビュー 閲覧登録メール  ダウンロード  備考
 1 第1回 成果発表会
木村嘉富氏講演資料
 2015年
6月18日
成果発表会
資料 
 PDF  DOCメール  PDF_DL  
               
 
 アンケート調査(2016年度)
 ○ 法面調査アンケート
アンケート回答用紙 ダウンロード   WORD文書(DOCX)
 
 ○ 橋梁点検業務実態調査報告書
 
報告書名称   注意
 実態調査(抜粋版)  自由に閲覧できます
 実態調査(全文)  P/Wが必要です
   
ページトップへ